ブログ飯って可能なの?奄美大島でノマド生活するための費用は?

はい!!どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でございます。


毎回、このパターンの挨拶も飽きてきましたね(笑)


まぁ特に最初のフレーズも思いつかないので、しばらくはこれでいきますよ。


今日はこの記事も含めて3本目の執筆になるんで、若干疲れが出てきました。


でも、疲れなんか吹っ飛ぶくらいブログを書くのが楽しいので書いちゃいたいと思います。


さて、今回のテーマは、ブログだけで飯を食えるのかっていうテーマになります。


これは会社で疲弊しきって働きたくないという方が、抱く究極の難題だと思います


そもそも僕がブログを始めたキッカケというのは、将来定年するまで会社に束縛された生活を送りたくないという理由から始めました。


全ての皆さんがこの理由に当てはまるとは思いませんが、少なからずブログだけで多少の収入が手に入ったら嬉しいのは間違いないと思います。


今回は、3つの柱をテーマに記事を書いちゃいたいと思いますよ。



そもそもブログ飯やノマド生活ってなに?意味が分かんない!



まず、ブログ飯っていう意味が分からないって方もいると思います。


僕もそうでした。


簡単な説明になるんですけど、ブログで記事を書いて収入を得ながら生活をする人のことを指しています。


毎月の支出が多い人は、ブログだけで10万円の収入があったとしても、それを超える支出があると当然生活が出来ません。


逆にブログで10万円の収入があって、なおかつそれ以上の支出がなければブログだけで飯を食っていけることが可能という事です。


まぁ要約すると、毎月の支出が多いか少ないという点で、ブログ飯は可能か不可能かというのがお分かりになると思います。


次に、ノマド生活について説明しますね。


まずノマドという単語で検索をしたら、遊牧民を意味する言葉でした。


じゃ、ノマド生活って遊牧民みたいな生活すんの?って思うかも知れませんが、そうではありません。


日本でいうところのノマド生活とは、サラリーマンのように決まった時間に出勤をして決まった時間に退社をするという生活ではなく、自分の好きなライフスタイルを確立するというのがノマド生活だと僕は思っています。


こちらのブログの筆者は、ノマド生活についてこの様に解説をしていました。

「ノマド」とは英語「nomad」のことで、「遊牧民」という意味をもつ言葉。これが転じて、最近では働く場所を自由に選択することのできる働き方、オフィスをもたずに働くという意味で使われている。つまり「ノマド生活」は、毎日特定のオフィスに通勤せず、好きな場所で働く働き方ということ。
著:谷口勇人さん
出典先:suumoジャーナル http://suumo.jp


例えば先程、説明をしたブログ飯と合わせて説明をすると、ブログだけで収入を得ながら好きな場所で好きな時に記事を書いてそれで生活をする!


これが、僕が目指す究極のノマド生活って訳です。


もちろん、ブログ以外にも不動産投資でノマド生活を送っている方もいらっしゃったりします。


僕もゆくゆくは、やっても良いかなって思ったりしています。


まずは、それだけお金を貯めないといけないですけどね(笑)



そして、今流行っているのがノマドワーカーという単語です。


こちらの意味は、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉とあります。


僕が目指しているのは、このノマドワーカーに当てはまりますね。


実際に、僕の師匠はノマドワーカーをしながら、家族を養っていますもんね。


仕事は専業ブロガーとしての顔と、コンサルティングをちょこっとしてるだけって言ってました。


(僕の師匠について知りたい方はブログって売ったら儲かるの?の記事をご参照下さいね)


ブログ飯やノマド生活の意味としては、だいたいこんな感じになるのではないでしょうか。

奄美大島でノマドワーカーをするにはどのくらいの出費があってお金が必要なの?



では次に、2本目の柱について紹介をしたいと思います。


まず奄美大島でノマド生活する!って限定しているのは、僕が実際に奄美大島に住んでいるからという理由だけです(笑)


もちろん、僕は生まれも育ちも鹿児島県にある奄美大島になります。


鹿児島県でも離島なので、交通の便がかなり不便です。


住みやすいかと言われると、僕は「ハイ!住みやすいです!」と即答出来かねますね(笑)


というのも、とにかく労働者に対しての賃金がもの凄く低いです。


都会で普段生活している人にとったら、こんな低賃金で生活なんて出来るか!!って怒られるかも知れません。


低賃金に対して、家賃はちょっと割高になっています。


これは県外から来た人にも聞いたのですが、タダ同然だと思っていたら実際は都会とあまり変わらなくてビックリ!!みたいな事を言っていました。


もちろん、住む場所を選ばなければ、めちゃくちゃ安い穴場の賃貸アパートとかあるかも知れません。


低賃金な上に、都会と賃貸物件がほぼ変わらないって!!


こういう理由もあるから、若者の地元離れが進むのかなって思っちゃったりしますよね。


都会から戻ってくる子はだいたい、市役所の公務員を狙って戻ってくる子が多いと思います。


僕の地元に戻ってきた周りの友人は、ほとんどそうでしたね。


まぁ地元をディスるために記事を書いている訳じゃありませんが、奄美大島の実情を知ってもらいたいという事もあり、こんな事を書いちゃいました。


話しがだいぶ脱線しましたが、実際に奄美大島にノマドワーカーとして暮らすためには、どのくらいのお金が必要になるのか計算をしてみました。


まぁあくまで、僕の毎月の支出から計算をしてみますね。


他人の支出は知らないので(笑)


まず光熱費ですが、ガス、水道、電気代で約1.5万円くらいの出費になります。


次に、1人暮らしの家賃は3.5万円になります。


かなり安くて、お得な物件だと思っています。


もちろん携帯を使っているので、こちらは毎月1.1万円くらいですね。


そして奄野郎は、車を所有しております。


あっ、1つ言い忘れましたが奄美大島では車は必需品です。


どこに行くにも車が無いと、ホントに不便しますよ。


車のローンやガソリン代を合わせると、だいたい3万円くらいになると思います。


それと、食事と交際費の毎月の出費は約5万円といったところでしょうね。


これを全部足すと毎月、約14.1の出費が発生していることになります。


ちなみに、奄野郎の本業の手取りは15万円とちょっとです。


これじゃ、全く貯金出来ませんし結婚すらも危ういです。


まぁ支出を改善したら良いんでしょうけど、減らすことが出来ても1万円くらいでしょうか(笑)


都会に行ってる友達が、帰ってきたくないという気持ちが分かります。


車を持つと考えたら、奄美大島でも10万円の収入じゃかなりカツカツで厳しいのではといったところでしょうね。


まず、僕には出来ません(笑)

ブログ飯は出来る!!奄野郎がそう感じた瞬間って!?



なんかダラダラと記事を書いていますが、3つ目の柱である1番大事な部分を書きたいと思います。


ブログ飯は可能なのかっていうところですけど、奄野郎は自信を持って「はい!出来ます!」と言えます。


まぁまだ、僕がブログだけで飯を食っていけるほど稼いでいる訳じゃありませんが今は大体、毎月6万円~8万円の収入をブログだけで稼いでいます。


奄野郎のブログの詳しいアクセス数はこちらを読んで下さい↓



このブログ自体はまだひよっ子ちゃんですが記事を書いていけば、それなりの収入を生み出してくれると思っています。


そもそも、ブログだけで月収1000万円に到達してる方もいますし、僕の身近にいる師匠がそれを実現しています。


師匠いわく、ブログでノマドワーカーを実現したいならとにかく書けです(笑)


奄野郎もそれだけ稼げるブロガーを目指しながら、日々パソコンと向き合っています。


奄美大島に暮らしている方は是非、ブロガーとして挑戦してみてはいかがでしょうか。