【与論島】赤崎鍾乳洞&愛の鐘などおすすめ観光スポットをレビュー3日目【奄美群島】

こんにちは、こんばんはー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


与論島の観光巡りも最終日の3日目を迎えました。


飛行機に搭乗するまで、しばし時間があったので最後の与論島巡りをしてきました。


1日目、2日目の観光レビューはこちら↓






神秘の石灰岩!赤崎鍾乳洞(しょうにゅうどう)



最初に訪れたのは、赤崎鍾乳洞という観光スポットです。





洞窟が発見されたのは、昭和40年頃なんだとか。


なんでも赤崎鍾乳洞は、100万年くらいの年月が経過しているとされているみたいです。





自然に出来た造形物というのは、迫力もさることながら僕に癒しさえももたらしてくれました。





1つ注意点をあげるとすれば、洞窟内は地面に水が多いため、サンダルでの移動をオススメしますが足元にはくれぐれも注意が必要になります。


是非とも、ここは立ち寄って欲しい観光スポットです。

茶花ビーチにある王者の椅子などのモニュメント



茶花ビーチにも行ってきたのですが、面白いモニュメントがありましたよ。





ここで、インスタ映えしそうな面白い画像を撮ってみるのもアリですよ。

与論漁港にあるウェル亀の岩



与論漁港に行ったらウェル亀という岩が見れますよ。





見落としやすいので注意が必要ですよ。

奄野郎奄野郎

僕も初めは見落としたー

レストラン蒼い珊瑚礁近くにある愛の鐘



最後は与論空港近くにあるレストラン「蒼い珊瑚礁」すぐ近くの愛の鐘を見てきました。





蝶がたくさん飛んでいるのが、凄く神秘的で良かったです。


是非とも、カップルに行って欲しい観光スポットです。

さよなら!与論島






初めての与論島2泊3日の弾丸旅でしたが、とても楽しい旅になりました。


20数年前の奄美本島のような、懐かしい感じがすごくたまりませんでしたね。


ヨロン王国のパスポートのスタンプラリーを制覇出来なかったので、リベンジしに必ずまた行きたいと思いました。