奄美大島(住用)のフナンギョの滝の行き方!奄美体験交流館カフェランドも紹介!

どうもー、奄野郎です!

今回は、奄美大島のネタで記事を書きたいと思います。

先日、あいつから連絡がきました。

ハゲ友人ハゲ友人

おーい、ブログのネタ集め順調な?

奄野郎奄野郎

まぁ相変わらずじゃや

ハゲ友人ハゲ友人

住用に癒されにいかんな?ネタ集めもかねて

こいつ、いい奴なのか悪い奴なのか良く分かりません。

という事で、奄美大島の住用町川内にある「フナンギョの滝」に今回は行って参りました。

間違っても、フンギョの滝ではありませんからね。

奄野郎は、フンギョの滝と思っていましたから。



フナンギョの滝の意味は?

何故、そもそもフナンギョの滝というネーミングが付いたのか、気になったのでgoogle先生で調べてみました。

「離島ドットコム」を運営している離島こむさんによると

 

ちなみに「フナンギョ」の意味は、昔この滝の周辺で舟の材料となる材木を切り出されていて、「舟の木を切りに行くところ」から「舟行」となり、「フナンギョ」となったらしいです。
引用先:離島ドットコム

このように、掲載をされていました。

魚は特に関係なかったんですね(笑)

てっきり、魚が絡んでるのかと思いましたよ。

フナンギョの滝の行き方!

今回も、画像付きで説明したいと思います。

まずは、住用町にある「三太郎の里」まで向かいましょう。

★住所:〒894-1116鹿児島県奄美市住用町大字摺勝555-13

 

三太郎の里の近くには、こんな看板があります。

看板をまっすぐ行くと、2手に道がわかれるので左の方を進めます。右に行くと、大通りに戻ってしまいます。

あとはずっと看板が出ているので、看板を目印に進むだけです。

途中に白い立て札があるんですが、この近くには川が流れており、休日だったということもあり、小さいお子さんを連れた家族連れでいっぱいでした。

なぜ、そんなところに男2人なのかと奄野郎、少々イライラしてしまいました。

このフナンギョの滝と書かれた、石造りの看板を進んで行くとあと少しでゴールになります。

よく見ると、ハブ注意という看板が隣にありますね(笑)怖っ!

道は舗装されていないし、とにかく狭いので滑落しないようにして下さい。奄野郎たちが行った時は、普通車のレンタカーも来ていたので、普通車でも問題なく行けることが出来ます。

運転に自信がないという方は、先ほどの石造りの看板から歩いて行った方がよいかもですね。

滝の近くには車を2台ほど、とめれるスペースがあるのでそこに車をとめてから1分ほど歩きます。

滝はマイナスイオンがいっぱいで、とてもリラックス出来ました。

ハゲ友人は、トトロのマネをしたり、滝に近づいたり訳の分からない行動をしていました。


ハゲ友人ハゲ友人

俺をカッコよく撮ってくれ


それよりも、髪の毛増やす努力した方が良いのでは?と内心で奄野郎は思ってしまいました。

フナンギョの滝の先は、行き止まりになっていて進めません。

フナンギョの滝も最近、訪れる人が増えてきているので、奄美に住んでいてまだ1度も行った事がないという方は是非行かれてみる事をオススメします。

【フナンギョの滝のアクセス】

★住所:〒894-1115鹿児島県奄美市住用町大字川内

 

奄美体験交流館の横にある「カフェランド」とメニューも紹介!

【奄美体験交流館のアクセス】

★住所:〒894-1113 鹿児島県奄美市住用町大字見里1084−1

フナンギョの滝を出たあとに、そういえば「奄美体験交流館」の横に、最近カフェが出来たのを思い出したので、ちょっと寄ってみることにしました。

しかし、残念ながらお店は休店日でやっておりませんでした。

しかし、ただで帰る訳にもいかないので、店の外に貼ってあったメニューの一覧表を写真で撮りました。

カフェラッペを食べてみたいので、近くを通った時はまた行ってみようと思います。

ハゲ友人は文句や愚痴が多いので、今度は別の誰かと行きたいと思います(笑)

今日も記事を読んでいただき、ありがとうございました。