奄美大島の龍郷町にある倉崎海岸とばるばる村にあるガジュマルトンネルの行き方!

どうもー、奄野郎です!

このブログでも何度か登場した、奄野郎のハゲ友人から久しぶりに連絡がありました。

ハゲ友人ハゲ友人

お前、最近ブログばっかりだから、たまにはどっか遊びに行こうぜ!

奄野郎奄野郎

まぁ確かにや!んじゃ、ブログのネタでも探しにどっか出かけるかー!

ということで、いつものハゲ友人と一緒に今回は龍郷町芦徳にある倉崎海岸と、ばるばる村のガジュマルトンネルを観光してきましたよ!



龍郷町芦徳にある倉崎ビーチの行き方やアクセス!

ハゲ友人は調子乗りなので、奄野郎と一緒の時になるといつも主導権は向こうにあります。

奄野郎奄野郎

出かけるっていっても、行くとこないやー。とりあえずどうしようかー。

ハゲ友人ハゲ友人

はっ?いっぱいあるがな!やーは馬鹿な!とりあえず海を見たいから倉崎海岸に行くど!

海を見たいのは分かったのですが、なぜ倉崎ビーチを選んだのかも分かりませんし、いつもの強引さに、たまらずハゲ友人の顔にツバをかけそうになりました。

というわけで、かなりハゲ友人が強引ではありましたが、ビキニのお姉さんも拝めるかも知れないという事で、倉崎ビーチまでいってきました。

今回は、龍郷の赤尾木から倉崎ビーチまで行くルートを選択しています。

まず、奄美市方面から来た場合は龍郷赤尾木にある三サロの交差点を左折します。

左側に散髪屋さんがあるので、そこが目印です。

その後は、道なりに真っ直ぐ進んで行きます。

途中で、ネイティブシー奄美のダイビングショップが出てきます。

2手に道がわかれているので、右の方を真っ直ぐ進んで下さい。

途中で最近、新しく出来たリゾートホテル「ネストアット奄美ビーチヴィラ」が出てきます。

ハゲ友人ハゲ友人

は?なにこの建物!まえ無かったよや?とりあえずお前調べてくれん?速攻で今すぐや!

奄野郎奄野郎

………。

この日、2度目となる顔面ツバをかけたいと思った瞬間です。

もう、このホテルまできたら倉崎ビーチはすぐです。

坂を車で下っていくと看板が出てくるんですが、どっちに行っても倉崎ビーチに入れます。

右側に行くと「kurasaki beach」と書かれた立て札の入り口がありますよ。

奄野郎たちは、左側にビキニのお姉さんがいないか探しに行きました。

左側に行った場合、ビーチに降りる入り口はここです。手前が整備された駐車場になっているので、すぐに分かりますよ

そしたら、居ましたよ!ビーチに舞い降りた妖精が!

お食事中の方は大変、不愉快な思いをさせてしまい、すみませんでした。

赤い車に乗って、いつも訓練ばっかりしてる割には、大した身体をしていないハゲ友人であります。

まだ、社畜ブロガーの奄野郎の方が良い身体つきをしています。冗談です(笑)

残念ながら、ビーチにはビキニのお姉さんは1人もいませんでした。

倉崎ビーチも奄美大島を代表する綺麗な海の1つなので、奄美大島に来た際はぜひ行かれた方が良いですよ。

【倉崎海岸へのアクセス】

★住所:〒894-0412鹿児島県大島郡龍郷町芦徳 芦徳885−4

 

ばるばる村のガジュマルトンネルにも行って来た!

さて倉崎ビーチを後にして次は、ばるばる村にある大きなガジュマルのトンネルにも行って来ました。

行き方は、先ほど紹介をしたこの場所まで1度戻りましょう。

後は道なりなんですが、途中で2手に分かれている場所があります。

右側の狭い道を進んでいけば、ばるばる村に行けますよ。

さぁ、ついに念願だったガジュマルのトンネルと初対面であります。

ハゲ友人をばるばる村に残して帰ろうと思い車で逃げようとしたのですが、道が狭くてすぐに追いつかれてしまいました。

置き去りに成功していたらハゲ友人は今頃、ばるばる村の住人になっていたでしょうね。

龍郷には他にも観光スポットがいくつもあるので、是非行かれてみて下さい。

合わせて読むべし

今回もやっぱり、帰りの車中は何とも言えない気まずい空気の観光地巡りとなりました(笑)

男2人で行くよりは是非、カップルや家族で行って下さいませ。

今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました。